値段を気にしないで寿司を食べる

値段を気にしないで寿司を食べる

 

 

こんなことを以前は夢見ていました。

お寿司に行くといえば回転すし。

もちろん回転すしだって美味しい。

でも、私が頼むのはいつも100円皿ばかり。

200円とか300円とかの皿をサクサク注文してる近くの家族がとても羨ましく感じましたっけ。

いわゆるないものねだり。

でも、高いから美味しいとは限らないですよね。
単に収穫するコストがかかるだけだったりありますから。

値段を気にせずお寿司を食べるようになって思ったのは、100円皿でもたまごは美味しいということ。

ただ、以前、おいしんぼだったかな?その寿司の味を測るにはたまごかマグロを食べるに限るっていうのがありました。

つまり基本中の基本ができてる店かどうか。

これって仕事でもありますよね。

基本と基礎の違いって忘れましたが、言いたいのは、基本は初級者用の入門編じゃない。
その道すべてに通じるベース。
建物でいったら基礎工事。
見えない部分。

如何に外見を飾り立ててもいずれはぼろが出ます。
手を抜くと。

だから、何が本質か。
これって大事だなぁと思う訳です。

コメントフィード

トラックバックURL: http://tetsudodiary.net/%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e6%97%a5%e8%a8%98/%e5%80%a4%e6%ae%b5%e3%82%92%e6%b0%97%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%a7%e5%af%bf%e5%8f%b8%e3%82%92%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%82%8b/trackback/