駐車違反

駐車違反 罰金

放置駐車違反で確認標章を車両のフロントに貼ったあとで、その車両のドライバーの方と遭遇することは珍しくありませんが、その運転手の方からよく聞かれるのが

 

駐車違反の罰金はいくらになるのか

 

という質問です。

駐車違反は、「交通反則通告制度」に基づく行政刑罰という扱いでして、いくらになるのかは違反と車両で決まります。

一方で罰金は、同じ交通違反でも無免許運転のような重大な物に対して課される刑事罰で、禁固刑になるか罰金刑になるかは裁判次第です。
また、罰金の場合も裁判で決まるので違反時点ではわかりません。

 

が、一般的にはそういった違いはあまり意識されませんし、違反金より罰金の方が聞きなれているというのもあってそのような表現をされるドライバーの方がほとんどですね。

いずれにしても、駐車監視員が確認標章を貼り、確認作業が完了した時点では、まだ違反は確定しておらず、実際には警察により確定することになるという意味合いもあって、駐車監視員が直接違反者に違反金がいくらになるのかを回答することは好ましくありません。

ということで大変申し訳ないですが、警察に聞いていただくように回答しているのが現状です。

とはいえ、標章を貼られてしまったらいくら支払うかは気になりますよね。

なお違反金は大体このような感じになります(今後の法改正などで変更の可能性があるので気になる方は最新の警察のホームページなどで確認しましょう。)

駐車違反

訳けあって、平日の日中は、都内某所で駐車監視員のお仕事をしています。

いわゆる「緑のおじさん」ってやつ。

 

以前は「ミドリムシ!」って通行人の方やドライバーの方から言われたものですが、最近はめっきり聞かなくなりました。

これはつまり、駐車監視員がそれだけ認知されてきたということなんじゃないかなと想像します。

 

最近は、過去に違反切符(放置駐車確認標章)を車のフロントに貼られて罰金(違反金)を納めた方も、駐車違反しなくなったのか、だいぶ放置駐車違反の車両が減った感じがします。

でも、ゼロにはなりません。
日々、街のあちこちで違反はあるのが実情です。
これは、一つには、業務上やむを得ず車道に放置駐車せざるを得ないという現実があるからだと思います。
運送業の方や引越業の方とかですね。
あと、飲食業の方とか。

我々もこういった事情は分かっていますが、業務として放置駐車が目の前にあったら確認作業をしなければいけません。

今でも、作業をしていると、近隣の方から

仕事で止めてるんだから(見逃してあげなよ)

といったことを言われます。
これは結構あります。

が、仕事だから車道に放置していいというわけにもいきませんので。何卒・・・(*´Д`)

 

作業をしていて、こうすればいいのになぁ、とか、これって意外と勘違いされてるんじゃないかなとかあれこれ思ったりすることもあるので、折に触れてそういったことも日記で紹介しようかなと思います(語れる範囲ですが)